FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【 続・毎打席が真剣勝負の話とは?!の巻 】

こんにちは!
マイスターのバックヤードに棲む
裏さんです!

「あなたは、バッターである!」

と聞いたらどう思いますか?

あるいは、

あなたは「自分がバッターだ」
と認識して今日を生きていますか?

こう言うと、

「えっ? 私、野球嫌いですし… 」
「何言ってるんですか?」
「野球なんてやってませんよ!」

という答えが返ってくるかもしれません。

でも、これについてはあくまで
例えですよ、た・と・え、、(笑)

私がいうところの真意は、

「生きる」ということは常に、
打席に立つバッターと酷似している
ということをお伝えしたいのです。

で、どこが似ているかと言えば、

1年365日、日々、毎時、毎分、毎秒、、
と、時間の単位は色々ありますが、

そのすべてがリハーサルではなく
常に「本番」であって、
好球必打を狙ってあなたも私もバッターBOX
に立っているということです。

そして

打席に立ってあなたのすることは
四球やデッドボールをのぞいて
バットを振る、振らないの2者択一です。

前者は攻め、後者は一応、
守りに区分されます。

その結果、、

狙いを定めたけれど結果的に空振りする
こともあるでしょう。

待ち過ぎで好球を逃し、歯噛みする
こともあるでしょう。

さらには、

悪球にも関わらずコツンとバットに
当てて出塁することもあるでしょう。

もちろん、
場外ホーマーも夢ではありません。
ええ、決して!

つまり、

日々、毎分、毎秒、私たちは打席に立つ
バッターの如く、人生があなためがけて
投げてくるボールに対して
打つか、打たないかを選択しているのです。

常に、選択、選択、選択、、
チョイスにセレクトなワケです!

そんな状況下の中、

ただ闇雲にバットを振り回せば良いのか?
といえばそれだけでは不十分、、

確かに、振って当たればヒットや
ホームランの確率は高まります。

が、

無闇やたらにブーン、ブーンと
バットを振り回すのも能がありません。

ポイントは、
当たって当然と思って振ること!かっ飛ばせて
当たり前と思ってスイングすること!

というと、

「当たるかどうかも分からないのに
 そんなの思えませーん!」

「そんなやる前から想像できませーん!」

といった声があがりそうですが、

そんな考えだからこそ、余計にバットに
当たらない事実に気がついて欲しいです。

「バットに当たって当たり前!」

と思ってバットを振る。

まず、これありきなんです。
当たりますから!

しかし、今のあなたがどうしても
当たるイメージが出来ない、、というのなら
ツキのある人と絡むか、理想の環境に潜り込み
少しでも良いのでソコに自身の身を置くこと!

実際、周りからの影響は偉大であり
一緒に居るだけで感化されてきますので
私は特にこれをイチ押ししたいです。

また、頭の中に必要最低限の知恵や知識の
ストックが本当にない方であれば、
あなたの属する分野の専門書や関連書籍を
10冊程度読んでください。

しっかり読んで頭に叩き込めば
その道のトップ10%には入れますので。

いずれにせよ、どんな手段を使ってでも

「バットに当たって当たり前!」

の感覚をあなたの中に植え付けてください。

反撃の狼煙はここから始まりますので、、(笑)

応援しています。



裏さん
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。