FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【 大事なことは「意味づけ」だった!の巻】

こんにちは!
マイスターのバックヤードに棲む
裏さんです!

少しご無沙汰していましたが
如何お過ごしでしょうか?

雪が降ったりで本当に寒いですね。

私事で恐縮なのですが、
先週の月曜日に父が他界しました..

その為、ここ数日は夜もロクに眠れないほど
多忙な日々を過ごしていました。

振り返ってみますと、
ここ約1年間はほぼ介護の日々...
仕事にも支障をきたすほど大変な毎日でした。

しかし、

今回の悲しくつらい出来事を経て
私自身、骨身にしみて分かったことが
1つあります。

それはいったい何か?

それは、、

『 起きる出来事自体に意味はなし 』

『 その出来事に「意味づけ」するのは
  他ならぬ自分である 』

ということです。

もちろん、
身内の死は悲しい事です。
出来るものなら、健康でず〜っと
父には長生きしてもらいたかった。

それがウソ偽りのないホンネ。

よって私の場合は、

身内が死ぬことについては、
今回の別れを経験するまで
ほぼネガティブな感情しか持って
いませんでした。

ところが、

父のカラダが弱り、寝込むようになった
ことによって、意外な恩恵もありました。

それは何かと言いますと

・父と会話する機会が格段に増えた。
 (今までほとんどなかった)

・一緒に食事をするようになった。

・昔ばなしや思い出話で一緒に笑った。

・「今」という時間の大切さを思い知った。

そして最後は、父に対して

「感謝の意」を伝えられたことが
 何より大きな収穫でした!

これが一番大きかったです。

ガラにもなく私が父に向かって
こんな「感謝の言葉」を言えたのも
父が床に伏すようになったからこそ、
とも言えます。

逆に、ずぅーっと元気のままで
ある日突然、天に召されてしまったなら
私は父に感謝の意すら、伝えることも
なかったでしょう...

そう考えますと、

父の闘病生活は「親子の絆」を再確認する
意味のある日々であり、その機会を
大いなる存在が与えてくださったのでは?
と思えたりもします。

物事全般において、全てがポジティブ、
全てがネガティブということはありません。

大きな不幸の中にも、次の上がり目のタネが
必ずどこかに潜んでいるものです。

それに気づけるかどうか?

それはすべて『あなた』次第です。

以上を纏めますと、

===================
・『 起きる出来事自体に意味はなし 』

・『 出来事に「意味づけ」するのは
   他ならぬ自分である 』
===================

この「2つ」をユメユメ忘れることなく、

辛い中にも、
喜び、楽しみ、嬉しさ、気づき、良い面を
見い出すことのできる『あなた』であって
欲しいなぁ、と切に思います!

辛い境遇におかれて
ただただ、さめざめと泣くことは
誰にでも出来ますから...

さぁ、また連載頑張っていきます ?!

応援してください(笑)


裏さん
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。