FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【続・眠いならヤメようか?の巻】

こんにちは!
マイスターのバックヤードに棲む
裏さんです!

「あ〜眠い、眠い…」

年がら年じゅうこんな言葉を発している
上司や同僚、仕事仲間があなたの周りに
いませんか?

かつて私の部署には結構な数の
そんな人達がいたものです。

人事異動で私の部署に来たのですが
まったく自分の適正と合わない仕事ゆえ
ず〜っと文句ばかり言ってて、周りの士気を
ガクーンと下げまくっていましたっけ?

思いっきりね!

イヤだったら辞めればいいのに、
それも出来ない、、

とりあえず、色んな理由をつけて
ジッと我慢する毎日、、

正直に言いましょう!

今、あなたのしていることにモチベーション
という言葉が必要だったり、やろうとしても
極度に眠気を感じたりするのなら、その仕事は
あなたにとって向いて可能性があります。

というのも、眠くなるという状態は
自分の意識では制御できないものだから。

これはあなたの脳から無意識にシグナルが
送られていると、考えるのが適切です。

そのシグナルを解読すれば、

『あなたはそんなことをやるために
 生まれてきたのではありませんよ』

『今の仕事はあなたの運命に背いていますよ』

といった合図です。

事実、自分の才能の無駄遣いをすると
本能が今の活動をストップさせようとして
本当に眠くなるらしい。

そこを無理くり我慢にガマンを重ねる選択を
し続けると本当におかしくなるのは当然です。

でも、これ凄く分かるのよ。。。

かくいう私が、実際これを経験したからです。

心では完全NOなのに、カラダは前向きに
全力で仕事に没入!

その結果、なぞの湿疹が出たり、
立ちくらみがしたり、鬱っぽくなったり、、

おまけに胃に幾つかポリープが出来たり。

周りは何とか取り繕えても、
カラダは正直です。嘘はつけませんでした。

思えば、辛い日々でした。

しかし、自分の天分を生かすといいますか
自分の希望する人生を選択すると、
この状況から一変します。

もう寝る時間なのに目がランラン。
朝の目覚めもスッキリ。
さらに、倦怠感もない。

おまけに労働という感覚はなく、自分が
やりたいから、目の前の仕事をサクサクこなす
という理想的な善循環に突入するのです。

能率、効率もグンと上がりますしね。

なので、

もし、あなたが日常のアクティビティの最中に
すぐに「眠気を感じる」のであれば、
今やっていることはあなたの本当にしたいこと
ではないかもしれません。

『遺伝子レベル』で違っていることを
 私たちに教えてくれているのです。

眠くなる仕事は、
あなたに向いていないという遺伝子の合図。

頭の片隅の是非残しておいてください。

応援してます。


裏さん
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。