FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【 不安への処方箋とは?の巻】

こんにちは!
マイスターのバックヤードに棲む
裏さんです!

作日、質問を受けました!

「私は生きていて不安が消えません。
 どうすれば良いでしょうか?」

(う〜む、、悩み多き年頃なのかな?
 いや、そうでもなさそうだが?)

それに対する私の回答は、

「私もモチロン不安があります。
 だから一緒です。安心してください。
 みんな一緒ですから!」

相手さんの顔はキョトンとしていました(笑)
しかし、それも無理ないかもしれません。

私自身、色んな本を読んだり
色んな話を聞きに行ったりして
ようやく分かったことですが、生きている限り
人間の不安はなくなることはありません。

それは今、どんなに成功している人や
お金持ちな人であっても、です。

「えー、お金があったら不安なんか
 あるワケないよね?」
「悩みをお金で解決できるじゃん!」

という声もあるやしれませんが、
お金は持ったら持ったで
また別の心配事が出てくるものです。
(その前にあやかりたいですが…)

なので、売れっ子芸能人になっても
安定職業と言われる公務員になっても
セレブになっても、資産家になっても
不安自体が完全になくなることはありません。

不安は必ず存在します。

では、ひつこくつきまとうこの不安から
逃れられるのは「いったい何時なのか?」
と言えば、それは「あの世」に行った時です。

涅槃に入った時に初めて人は安心するのです。

死ぬまで不安と共に生きていくのが
人間のさだめなのです。

したがって、

「どうしたら日々、安心して
 暮らしていけるだろうか?」

を考えて悩み抜いても
答えは見つかりません。

【人間は不安を感じて
 生きていく生き物である】

こう思って日々、淡々と生きていくのです。

良い意味でのあきらめを持って。

本当に不思議なもので、
人間、不安であることが普通だと思うと
案外、不安がなくなっていくものです。

逆に無くならないものを
無くそうと無くそうと思ったとき
無理がかかって逆に自分が苦しくなる...

さらには、

考えても無くならないものに対し
要らぬ不安を感じて心配をしても、
結局最後は徒労に終わります。

むなしぃ〜ッ!

不安は誰しもあって当然。
その上で、この不安がある中で
自分は何が出来るだろうか?

と考え出した時、
次の展開が見えてきます。

みんな一緒です。ご安心を!

応援しています。


裏さん
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。