FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【 真の問題解決アプローチとは?の巻】

こんにちは!
マイスターのバックヤードに棲む
裏さんです!

「大変です、、問題が発生しましたぁ!」

あたふた、あたふた… …(滝汗)

あなたもこれまで生きて
こんな経験を何度もされたのでは
ないでしょうか?

トラブル、ピンチ、問題勃発、、、

そんな時はあなたはどうやって
それらに対応していますか?

本日はその最適な解決法を
お伝えしたいと思いまする...

の前に、、

あなたは次の実験をご存でしょうか?

それは
===================
 「水槽と石を使った実験の話」
===================

です。

早速ご紹介しますと、
これはセミナー等で興される
実験になります。

まず、実演者側が頑丈な水槽と
野球ボール大の石を10数個、
砂、そして、水を用意します。

で、次に石をドンドンと
水槽の中にならべていきます。

そして、石が水槽のフチのところまで
来た時に実演者が聴衆に尋ねます。

「もうこの水槽はいっぱいですか?」と。

すると、聴衆は今の状況を見て

『いっぱいです!』と答えます。

その返答を聞いた実演者は、
今度は小石を上手に水槽に
入れていきます。

隙間に入れたり
水槽を振ったりしながら
小石を上手く落とし込んでいきます。

そして、ここで再び実演者が尋ねます。

「もうこの水槽はいっぱいですか?」と。

すると、聴衆は今度もその状況を見て

『もう、いっぱいです!!』と答えます。

それを聞いた実演者はニコリと微笑み、
今度は砂を手に取り、水槽へ巧みに
揺すりながら入れていきます。

サラサラ、サラサラ...

砂はサラサラと少しの隙間にも
流れ込み、どんどん入っていきます。

さらにここで、またもや実演者が尋ねます。

「もうこの水槽はいっぱいですか?」と。

すると、聴衆は今度もその状況を見て

『サスガにもういっぱいです!!』と答えます。

その返答を聞いた実演者は
今度は水の入った容器を手に取って
水を水槽にドボドボ入れていきます。

で、その結果、みごと最後まで
水を注ぎ切ることに成功しました!

ここで実演者が聴衆に尋ねます。

「皆さんはこの実験の意味が
 お分かりですか?』と。

すると、聴衆の1人が

『入れ方を工夫をすれば、沢山の物を
 入れることができる実験です』

また、もう1人が

『この実験を時間管理に置き換えると、
 調整すればニッチな時間を生み出して
 有効活用可能なことを示した実験です』
 
それらの回答を聞いた講師は
ニヤリとほくそ笑んで、

「それも確かにそうですが、
 残念ながら私の意図する
 回答とは違っていますね」

「実は、この実験の最大の教訓は、
 大きな石を最初に入れないと
 その後のモノは絶対に入らない、
 ということを示しているのですよ!」

 聴衆『 。。。』

 ちゃんちゃん
===================

では、
この話を冒頭の「問題(トラブル)」
と置き換えてみてみましょう。

あなたも私も、日々の生活の中で
本当に些細な出来事、モメ事、ピンチに
時間や労力を取られています。

誰それがあー言った
ここにケアレスミスがあった
アイツがどうだこうだ…等など

でも、一番大切なのはそんな目の前の
瑣末な問題(小石、砂、水)ではなく、

相手方と信頼関係が築けていなかったり
背後で金銭関連の問題が絡んでいたり
深刻なコミュニケーション不足だったり、、と

意外なところに、
本当の意味での問題(大きな石)が
隠れていたりするものです。

そして、そこをスルーして
いくら厳しく注意したり
会議で無理くりルールを作ったり
トップダウンで叱り飛ばしても、

根本からの解決はキビシぃぃー!!

これが実情です...

その理由は、ぶっちゃけ枝葉の部分に
対して右往左往しているから。
本質を掴んではいないのです。

なので、何か問題や困りごと、
トラブルがあったら、、

『この問題の「大きな石」は何だろう?』

とまず自問自答して

【真の問題、本当の原因探しに
 頭を働かせてみてください!】

隠れた主要原因を明らかにして、
それに対して上手に対処していけば
その他こまごました問題が芋づる式に
見事解決していきますので!

最近パートナーとしっくりいかないのは
あなたが過干渉し過ぎているから、、
とかね?!(笑)

意外なところに答えあり!(笑)

応援しています。

裏さん
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。