FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【1日3食の意外な話とは?の巻】

こんにちは!
マイスターのバックヤードに棲む
裏さんです!

あなたは朝からガンガン食べる方ですか?

それとも、コーヒー1杯で出かける方ですか?

はたまた、毎日朝マックですか?(笑)

これについては、
年齢、体質、性別、仕事内容、体調、
文化、風土、季節等がいろんな事が
絡んで来ますので、

「これが正解!」

とは決して断言できませんが、
私的にはあなたの体が食物を欲するなら食べる。
特に空腹を感じていないなら無理して食べない。

それで良いと思います。

逆に、
朝が来たから朝めし
昼が来たから昼めし
晩が来たから晩めし

というのは安直と言えば安直な感がします。

そんな考えの私に
食事の回数についての興味深い話が
舞い込んで来たので本日はそれを
シェアしたいと思います。

それは、いったいいつの頃から誰が
1日3食を食べるようになったか?
ということです。

1日3食を提唱したのはなんと、
あの発明王のエジソン!

彼自身は1日3食、食べていないのにも
関わらず、彼の影響で1日3食を世の中に
広めたそうです。

それはどうして?なぜゆえに?と言いますと、
エジソンが世界で初めて「トースター」を
発明したから。

トースターで焼くものは何といってもパン。

「みなさん、朝はパンをトースターで
 焼いて美味しい朝食を食べましょう!」

ということで、3食を食べることが
一気に広まったようです。

すなわち、トースターを売りたいがために
1日3食を提唱したというワケ。

そう、すべてはビジネスとマーケティグが
絡んでいたのです!(苦笑)

あちゃー!!

また、学校の給食で牛乳が出るのも
国と有力機関とのビジネスライクな
つながりがあって、その結果、

特に飲む必要にない「牛のお乳」を
「カルシウムだから!カラダに良い!」
と吹き込まれて飲まされています。

本当は牛乳って、骨粗しょう症を
発生させやすい飲み物だって
ご存知でしたか?

なので、
我々一般人は売らんがため、
買わされんがために、
いろいろ騙されているということです。

1日1食?1日2食?1日3食?

どれもが正解です。
その答えはあなたの身体に聞いてください。

上記のエピソードから分かりますように
絶対1日3食、食べなくてはいけない
というワケではありませんので。

しかし、エジソンの発明は偉大です!

私の明日の朝食はトーストとハムエッグに
したいと思います。

トースター使って!(笑)

動きが最近おかしいのですが、
私は自宅で使っているこの2004年式
サンヨー製のおんぼろトースターを、、、

応援しています。

まだ焼けそうですし…(苦笑)


裏さん
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。