FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【 恐怖マスコミ・フーリガン??の巻 】

こんにちは!
マイスターのバックヤードに棲む
裏さんです!

お疲れ様です。

時期的に4年に一度のW杯シーズンで
サッカーが大いに盛り上がっています。

深夜の観戦もあったりで
寝不足になる人も続出!

その為、朝の通勤電車はいつもに比べて
眠そうなビジネスマンが多いように感じます。

しかしながら、
特にスポーツの世界は
勝った、敗けた、、、

の厳しい世界...

勝てば官軍!
負ければ戦犯!

「ここまで手の平をコロコロ返すか?」

と思うほど、マスコミの過剰反応には
正直辟易させられます。
(もう、マスゴミですなぁ…)

人間、誰しも完璧ではないのですから
失敗もしますし、しくじることもある。

にも関わらず、

少しのミスも見逃さずに
鬼の首を獲ったかのごとく
こっぴどく叩きまくるのは
もはや「大人のイジメ」だ!

相手方に対する気遣いなんて微塵もなし。

そんな、マスコミに対して
逆に聞きたいのが、

「あなたの仕事は完璧になされているのか?」

「これからの人生で、失敗することなく
 あなたは生きていけるのか?」

という質問です。

実際問題、
批判される側の選手は
常に最善の結果を求めて
頑張り続けるトップ・アスリート達。

想像を絶するほどのストイックな努力を
人生の大半通じて継続し、今ようやく
現在の地位を築いています。

もちろん、叩かれることもプロとしての証
(有名税)と考えることも出来ますが、
これだけネットが普及した昨今においては
ゴシップの広がりは半端ではありません。

普通の人だったら、寝込んでしまうレベルです。

発言する方もさすがに考えなきゃ、、
デリカシー無さ過ぎです。

しかし、こういった状況に対して、

かつて、世界最強を誇った元ボクシング
ヘビー級チャンピオンのマイク・タイソンが
語った印象深いフレーズが思い出されます。

それは、ボクシングをやったこともない
一般ピープルがタイソンの試合に対して、

「なんであの時、ジャブを打たないんだ?」
「右フック、右フックだろが!」
「ったく、、何してんだよ!」

などと、好き勝手に罵っていることを受けて、
マイク・タイソンが語気を荒げて、

『あーだ、こーだと好き勝手に言うのは、
 リング上で俺の右フックを一発喰らって
 からにしてみろ!』

と回答したもの。

タイソンの殺人パンチを喰らえば
一般ピープルはほぼ間違いなく瞬殺!

病院送り間違いなしです。

それだけ、プロの選手というのは
ジャンルは色々あれ、大きなリスクを
取りながら、命を懸けながら、
目の前の試合に臨んでいるのです。

なのに、自分はお茶の間でTV観戦していて、
軽々しく戦い振りにウンチクを言うだけ。
リスクゼロ、苦労ゼロ、時間を使うだけです。

【 評論家の銅像は立った試しがない 】

確か、海外にこんな言い回しがあったように
記憶していますが、これは言い得て妙です。

人生のメイン・プレイヤーではなく、
責任のない外野が「やいの、やいの」言うのは
酒の席で楽しく盛り上がる分はOKですが、

多くの人を巻き込み、聴衆の意識を
過激な方向へと扇動するまでになったら
かなり危険です。

さらに、読者・リスナー・閲覧者等の
受け側の我々も、この点しっかり留意して、
自ら情報にフィルターを掛ける等して、真実、
真意を見出すよう努めなくてはいけません。

ある種、これは別の意味での
護身術でもあるくらいです。

ネット社会に生きる我々に求められるのは
ネットと適度な距離感を保ってそれを
活用すること。

そして、情報洪水から脳を守ることです。

ガセネタ、ゴシップネタをいくら脳に
詰め込もうが、アウトプットされるものは
あなたの人生を明るくする価値あるもの
ではないハズです。

なので、くれぐれもそれらに目を奪われて
本質を見失ってしまったり、妄信的に
鵜呑みにしたりしないようにしましょう。

そして、出来ることなら評論家、
批評家の類ではなくメインプレイヤーとして、
あなたの人生を価値あるものにする方向へ
持っていくようになさってください。

それが人生の醍醐味でもありますので!

応援しています。


裏さん
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。